カードローンですばやく借りる方法

「カードローンでできるだけ早くお金を借りたい!」このように急いでいるという方もいらっしゃるでしょう。もしかしたら急いで借りたいという方のほうが多いかもしれませんね。カードローンで早く借りる方法はそれほど難しくありません。いくつかの注意点がありますが、即日融資ができる先も見つかるでしょう。

 

カードローンですばやく借りる方法としては提出書類が少ないものを選び、その手間を省くというものです。所得証明書不要というものを選ぶのが最も簡単でしょうか。銀行カードローンでは、口座をすでに持っている方で条件を満たせば本人確認書類も不要というものもあります。まずは自分が口座を持っている銀行カードローンの金利などをチェックしてみるのもおすすめの方法です。

 

他には借り入れ方法に十分に注意を払っておくことです。申し込み方法はネットがよいか店舗がよいか、としっかりと検討する方も借り入れ方法までに気を配る余裕がないこともあります。

 

しかしネット申し込みをしたからといって、ネット借り入れが最短の方法ではないこともあります。そもそもネット借り入れができないローンもあります。ネットでの借り入れをするということは、自分の銀行口座に借り入れする金額が振り込まれるというものです。振り込みですからそれに対応する時間も関係してきます。書類到着時間にリミットを設けていますので、それが過ぎてしまうと翌営業日に振り込みということになるのです。

 

リミットの時間を過ぎてしまいそうなら、直接カード受け取りに店舗や契約機に行ってATMで借り入れをしたほうが早いということもあるのです。このあたりも考慮して申し込み時間、行きやすい場所に契約機や店舗があるか、といったことも必ずチェックしておきましょう。

 

キャッシングをするときの「年収の3分の1」とは

貸金業である消費者金融、もしくはクレジットカードのキャッシング枠などを使うときには「年収の3分の1」という言葉がよく出てきます。
その年収の3分の1とはなんでしょうか。

 

貸金業者から個人がお金を借りるには、その金額に制限があります。
年収の3分の1、それが貸金業者から個人が借り入れすることができる上限です。

 

つまり、年収が300万円あればその3分の1である100万円が貸金業者からの借り入れ総額の上限になります。
1社からの借入金額ではなく、何社から借り入れたとしてもその上限は超えることができないという解釈でよいでしょう。
消費者金融だけではなく同じ貸金業であるクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象になります。

 

銀行カードローンは総量規制外だから専業主婦も利用できる?

お金に困った時、手軽で便利なカードローンの利用を考える方は実に多いです。しかし、収入のない専業主婦にとってはちょっとハードルの高いものだったりします。カードローンといえば、銀行が発行するものと消費者金融が発行するものと大きく2種類ありますが、消費者金融は、貸金業法により総量規制をうけているので、年収の1/3までの貸付しか行うことができません。

 

つまり、専業主婦は原則利用できないことになっています。ただし、総量規制には除外と例外があり、例外のひとつである「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」を利用することでカードローンを作ることは可能です。

 

しかし、この例外貸付けを利用するためには配偶者の同意書が必要ですし、配偶者の年収を証明する書類など色々と必要になります。そうなると審査を行う消費者金融も通常の書類よりも多くの書類を確認しなくてはならなくなるなど事務的作業が増えるため積極的に専業主婦に融資を行っていない、というより例外貸付け枠で専業主婦に融資を行っているところはほとんどない、というのが現状です。

 

では銀行のカードローンはどうか?といえば「原則収入のある方」という規定は設けられているものの総量規制外なので専業主婦でも利用することができます。もちろん、銀行カードローンであればどのカードローンでも利用できるか?といえば現状そうとも言い切れない部分もありますが、専業主婦でも利用しやすいカードローンというのもあり消費者金融のカードローンと比べると間口はかなり広い、といえます。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック、楽天銀行スーパーローン、みずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行 ネットキャッシングなどは専業主婦でも利用できる銀行カードローンです。

 

しかし、この中で限度額に規制が設けられていないのはジャパンネット銀行 ネットキャッシングだけです。他の銀行カードローンは、専業主婦でも利用はできるものの、限度額については安定した収入のある方のようにカードローンごとに定められた最高融資額の範囲内で審査により決定される訳ではありません。審査が行われ限度額が決められる点は一般の方と同じですが、最高限度額30万円・50万円というように予め最高限度額に制限が設けられています。

 

とはいえ、30万円、50万円と借りることができるのは、総量規制外の銀行が提供するローンだからであり、専業主婦にとっては頼もしい存在といえますね。ちなみに、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、配偶者もしくは世帯主の同意書や収入証明書の提出を求められることはありません。本人の身分証明書だけでカードローンを作ることができます。ですが、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのように配偶者や世帯主の同意書も収入証明書も不要というのは極稀です。配偶者や世帯主の収入証明書は不要であっても同意書は必要というカードローンが多いです。

 

そのため、誰にも知られることなく内緒でカードローンを作ることは難しいかもしれませんが、家計のなかからやりくりして返済していくことを考えると、家族の協力も必要になってくることもあるので、オープンなのが一番かもしれませんね。

面倒じゃないならカードローンに申し込みたい

ローンの申し込みは手間がかかる、このように考えている方は多いですよね。ローンの申し込みではまず借り入れ先を探し、申し込み、審査を受けて契約へと進み、借り入れできる状態になります。申し込み時は店舗などに行き、契約時には書類を揃えたり記入したり、といった手間を考えると「ローンを利用するのは止めてしまおうかな…。」と結論を出してしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

 

しかし、ローンの中でも簡単に申し込みができ、場合によっては申し込んだその日に借り入れができるようになるものもあります。それが今注目のカードローンです。「カードローンなら以前からあったでしょ?」と思った方も最新のカードローンのスペックはご存知でしょうか?借り入れ先探しの段階からとってもスムーズに進めることができるようになっていますよ。

 

自分でたくさんのローンの資料を取り寄せたり、集めて回ったりする必要はありません。ネットでカードローン自体のサイトも見つかりますし、カードローンを比較してあって簡単に自分にピッタリのものを見つけ出せるようなサイトもあります。時間がない時も借り入れ先探しに苦労しません。

 

そこでカードローンを選ぶ際には申し込み方法もチェックしておいてくださいね。カードローンでは、店舗だけでなく誰にも会わない自動契約機や、ネットのみでの申し込みが可能になっているものが多く見つかります。すぐに自動契約機に行けるような方なら、その場でカードが発行される方法ですし大変おすすめです。ネットでの申し込みでも、ネットで契約し即自分の銀行口座にお金が振り込まれるという方法も利用可能です。

 

申し込みの時点から自分が面倒だと感じない方法を選べばよいのです。また、契約時にも所得証明書不要のカードローンを選んでおけば提出書類を減らし、これまた手間を省けるでしょう。

 

面倒ではない方法を自分で選びとってカードローンを利用することができるようになっているのです。これまで利用の経験がない方や、以前利用していたけれど不便だったと感じている方もぜひ現在のカードローンを見ていただきたいものです。